キッチンスケールのおすすめ10選!おしゃれでデジタルが人気で上位はタニタが占める結果に

スポンサードリンク




料理の際に材料の分量を測ったり、郵便物の重さを測ったりする時に大活躍する、デジタルキッチンスケール。ここではキッチンスケールの簡単な選び方と今売れているものをランキングでご紹介したいと思います。

キッチンスケールの選び方

最大計量値に注意する

キッチンスケールには計測できる重さが限られています。

1kgまでのものから、3kg以上計れるものまで様々です。

一番売れているキッチンスケールも1kgまでですので、簡単な調理ならそれでも十分です。

しかし、重いガラスのボールなどを使用したりする場合、それだけで、1kg前後あったりしますので、そこに食材を追加してゆくと1kgを超えて正確な計測ができなくなってしまいますので、そういった可能性のある方は最大計量に気をつけましょう。

また家族が多い方などは、人数が増えるほど食材も多くなりますので、最大計量にゆとりのある機種を選んだほうがいいでしょう。

最小計量の単位に注意する

キッチンスケールにはそれぞれ最小計量の単位があります。

出回っているほとんどのものは1gか0.1gとなっており、より精度の高い0.1gタイプのスケールは若干割高となっています。

小数点まで計る必要がなければ1gタイプでまったく問題ありませんが、パン作りなどでイーストまで細かく計量したい場合などは、0.1gタイプは重宝しますので、最小計量の単位にも注意しましょう。

風袋(フウタイ)引き機能に注意する

キッチンスケールには風袋引き機能が有るものと無いものがあります。

風袋引きとは、計量に使うボウルなどの重さをあらかじめ引くことで、風袋引き機能があれば、ボウルが乗っている状態をゼロに設定して計測することができます。

この機能は大変便利で、はじめに強力粉を計量したあと「0」にリセットして、そのまま同じボウルで砂糖を計るという追加計量をすることもできます。

わたし個人的にはこの風袋引き機能は無くてはならない機能になっていますので、この機能がないスケールを選ぶ際は手間が増えることを注意してご購入してください。

 

それでは、キッチンスケールの人気ランキングを口コミたっぷりでご紹介しますが、ほとんどタニタの独占状態になっています。わたくしもタニタを愛用していますが、他のメーカーにもタニタに負けない製品をどんどん開発してほしいですね。

それではどうぞm(_ _)m

 

1位

タニタ デジタルクッキングスケール 1kg/1g KD-187-WH

出典:amazon

重さ1g~1kgまで計れるタニタのキッチンスケールです。

使い勝手のいい、厚さ2.7cmのコンパクト設計。

薄型で収納しやすいだけでなく、フック穴が付いており壁掛け収納もできます。

 

四隅にシリコンゴムが付いているので、滑りやすい所で計測する時も滑りにくくなっています。

計量は1kgまで可能。

最大計量1kgのキッチンスケールは1人~2人分の調理の際に使用するのにぴったりです。

調理の外にホビー用途での計量でも使うことができます。

amazonではレビュー数が1500件を超え、その多くが高評価の、圧倒的に人気のあるキッチンスケールです。

こちらはKD-187の取扱説明動画です。

動画で使われている本体カラー「グリーン」は現在ほとんど出回っておらず、ホワイトが主流となっています。

実勢価格 1080円
最大計量 1kg
最小表示 1g
電源 単4電池2本
サイズ 17×12×2.7cm
質量 205g(乾電池含む)
風袋引き機能 あり
防水加工 なし
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

お手頃な値段だし、操作方法がとってもシンプルでわかりやすいです。

ボールを載せてワンタッチで0gに設定できるので、材料にボールの重さをプラスしなくても一発で計測できるので重宝しています。

メーカーもタニタなので安心して使ってます。

NO.2

購入して3年経ちますがまったく壊れる気配なし!耐久性もいいですね。

精度を確認するため1円玉の重さを測ってみると、ちゃんと1gでした。

さすがはタニタです。しかも計測されるまでの時間も短い!

NO.3

家はキッチンが狭いのですが、横幅17cmの隙間収納用の引き出しに収まるコンパクトさが嬉しかったです。

性能的にもぜんぜん問題なく、文字盤も大きくてすごく見やすいです。

NO.4

ボタンは2つだけで、3つ4つボタンがある製品に見劣りするように見えますが、、

電源オン→容器を載せる→0表示ボタンを押す、この3ステップだけで計量できますので、お子さんや機械オンチのお年寄りでも簡単に使えますし、毎日使うのでせっかちな私にはこの手軽さがありがたいです。

 

2位

タニタ クッキングスケール フィットスキャン 2kg/1g KF-200-WH

出典:amazon

重さ1g~2kgまで計れるタニタのキッチンスケールです。

シンプル&コンパクト

計量のみのシンプルなキッチンスケールで食品やワンちゃんのごはんまで、さまざまな用途に使えます。

奥行き15.4cm、幅11cmの小さなボディなので、ミニキッチンでも邪魔にならず収納しやすい大きさです。

素早い計量

電源のスイッチを入れてから0g表示までが早いので素早く計量を始められます。

食材などを入れてからの表示の反応も素早くスムーズに値が変わってゆくので、材料の入れすぎずに計量できます。

オートパワーオフ

電源を入れっぱなしにしても、何もせずに約6分が経過すると自動的に電源がオフになります。

壁掛け収納に便利なフック穴

フック穴が背面にあるのでで、壁に掛けて収納も可能

実勢価格 1188円
最大計量 2kg
最小表示 1g
電源 単4電池2本
サイズ 幅11×奥行15.4×高さ3cm
質量 ???
風袋引き機能 あり
防水加工 なし
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

見た目がちょっと地味なのが難点ですが、値段の安さに対して計測スピードが早すぎる!

5千円以上したハリオのVSTM-2000よりぜんぜん早いです!

これだけいい性能があるのにコンマ表示がされないのがもったいないくらいです。

しかし、パッと○○グラム!と出るのはスゴイです!おすすめ!

NO.2

このキッチンスケールの特徴を並べると

1.軽量
2.コンパクトで持ち運び楽チン
3.正確
4.食器やボウルの重さを簡単操作で除外できる
5.そして安い!

です。

ご飯の重さを計量する時はお茶碗だけの重さをこのスケールに覚えさせれば、茶碗に盛りつけたご飯だけの重さを計れます。

NO.3

さすがはタニタ!スイッチを入れてからの0表示も早いですが、計測の数字の動きもすごく早くて、おいた瞬間にグラム数が表示される感じです。

もう1個、料理用スケールを持っているのですが、重量表示の更新間隔が1秒に1回で、食材を入れてもすぐには表示に反映されず、微妙な調整が必要なときに不便を感じていましたが、これはすぐに表示が更新されるのでありがたいです。

NO.4

大きめのガラスのボウルに入れて計る時にたまに、1kgまでのスケールだと計測中に重量オーバーするので2kgタイプを撰びました。

壁掛け収納ができ使う時の取り出しもスムーズでいいです。

自動で電源がオフになる機能も便利だし、オフになる時間も短かすぎないので作業しやすいです。

 

3位

タニタ クッキングスケール 3kg(0.1g/300g) KD-320-WH

出典:amazon

重さ3kgまで計れるタニタのキッチンスケールです。

イーストもピッタシ計れる最小0.1g!

微量モードにすれば「300g」までは「0.1g」で計量が可能で、パンのふくらみを左右するイーストも正確に計ることができます。

この微量モードでは最小計量が

0~300gまで0.1g

300~1500gまで0.5g

1500~3000gまで1gになります。

通常モードでは0~3000gまで1gが最小値になります。

水や牛乳も計量できる「mlモード」

スイッチ1個で表示単位を「グラム」から「ミリリットル」に変えることができ、「mlモード」を使うと、水や牛乳を計量カップなしで計量できます。

追加計量ができる

スイッチ1個で表示を「0」に戻せるので、はじめに小麦粉を計量し、「0」にリセットし塩をはかる・・など、1つのボウルに食材を追加しながら計ることが可能です。

オートパワーオフ

何も操作をせず約6分経過すると自動的に電源が切れます。

KD-320の取扱説明動画です

実勢価格 2854円
最大計量 3kg
最小表示 1g(300gまで0.1g)
電源 単3電池2本
サイズ 幅150×奥行き210×高さ35mm
質量 410g
風袋引き機能 あり
防水加工 なし
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

自分はお菓子やパン作りが趣味なのですが、このデジタルスケールは、0.1グラム単位まで計量でき高精度なので購入しました。

細かい計量ができることでレシピ通りの味が再現でき大変満足です。

NO.2

今まで針のアナログタイプのはかりを使ってましたが、ついに壊れて動かなくなったので、デジタルを購入しました。

すっごく便利です。もっと早く買い替えすればよかったです。

以前のは字が小さくて目を凝らしてましたが、これは字が大きくとても見やすいですし、材料を追加するごとに、”0”にリセットできるということがこんなに便利なのかと感動してます。

あと、粉とかだけじゃなく、水やジュースもそのまま計量できちゃいます。

これひとつで、お菓子作りがさらに楽しくなりました。

NO.3

調理に使用するのはもちろんですが、0.1g単位で計量できるので、オークションに出品する商品の重さを計算するのにも重宝してます。

付属のケースが必要ないという口コミもありますが、手軽に本体を保護できるケースはあってよかったと思います。

保護だけでなく、私はもう1台はかりをもっているのですが、ケースがあると狭い台所でも重ねて収納できるのでとても役立っています。

NO.4

3kgまで計測できることで風袋機能をフルに発揮できます。

というのは重たいガラスのボールなどは、ボール自体が1キロ近くあるものもたまにあるので。

しかしこのスケールに変えてから、食材の計量がすごくスピーディーになりました。

動作も安定してるし、クッキングスケールとして素晴らしい商品です。

 

4位

AUTRBY デジタルキッチンスケール 5kg/1g

出典:amazon

重さ1g~5kgまで計れるAUTRBYのキッチンスケールです。

高精度な4つのセンサーを搭載し、精確な計量。

滑らかなステンレトレイデザインのボディは指紋を防ぐ技術が施されメンテナンスが便利。

ボタン1つで「g」、「kg」、「ml」を変換。

1分間で自動で電源がOFFになるオートパワーオフ。

実勢価格 1189円
最大計量 5kg
最小表示 1g
電源 乾電池(本数不明)
サイズ 18cm×14cm
質量
風袋引き機能 あり
防水加工 なし
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

表面が鮮やかでスタイリッシュでかっこいいスケールです!

ステンレス製なのですが指の油などがついても簡単に拭いて落ちます。

またボディに段差がないので掃除がしやすいです!

当然はかりも正確だし、グラム、キログラム、ミリリットルの単位変換が
ワンタッチでできるのには驚きました。

あと1分間いじらずにいると自動で電源が落ちるのもよかったですね。

NO.2

調理や郵便物を送る際に電子スケールを使っていました。

今持っているものは2kgまでしか測れず不便をすることがあったのですが
このスケールは5kgまで測ることができて助かります。

電池買い忘れた!と思ったのですが付いていたので届いた日に使えました。

スタイリッシュでシンプル!なデザインも一発で気に入りました!

フラットなボディは磨きやすく、文字も見やすいので満足です。

NO.3

デザインに一目惚れしたのが購入の一番の動機でした。

キッチンに置きっぱにしてもオシャレな感じは最高です!

見た目は予想どおりだったし、薄型で収納しやすいのも良かったです。

軽くてお年寄りでも子供でも扱いやすいのもポイント高いですね。

 



 

5位

Boomtek デジタルスケール 3kg/0.1g

出典:amazon

重さ0.1g~3kgまで計れるBoomtekのキッチンスケールです。

カウンティング機能

同じ重さの物の数を測ることができる機能で面倒な数える手間を大幅削減できます。

同じ重さの小さな計量物がたくさんある時にとても便利な機能で1つ当たりの重さを、単位あたりで算出し、全体の重量を計測することで数がわかります。

自動校正機能

出荷前に校正は済んでおりますが、計量に誤差がでた時は改めて校正しなおすことが出来ます。

オートーパワーオフの時間設定

自動で電源がOFFになる時間を自分で設定できます。(0秒、60秒、120秒、180秒)「0」を選択した場合は自分で電源を切ることになります。

実勢価格 1199円
最大計量 3kg
最小表示 0.1g
電源 単4電池×2本
サイズ 127×106×19mm
質量 約160g
風袋引き機能 あり
防水加工 なし
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

小数点以下では300~500gまでしか測れないものが多い中で、こちらは上限3kgまで対応している測定範囲の広いスケールです。

0.1g単位で計測できる秤はこの値段では入手できないのでコスパはとてもいいですね。

NO.2

価格も安く、目盛りが0.1g刻みで3kgまで測れ、画面も大きく見やすいです。

使い方も直感的に操作でき、反応と表示速度も悪くありませんでした。

あと電池も付属していたのですぐに使えました。

NO.3

メタリックでおしゃれです。トレーが付属していてるのもよかったです。

「M」のスイッチを押すと単位がオンスなどに変わります。

「PCS」というスイッチは1個あたりの重さから何個乗ってるか数を数えてくれます。

「T」というスイッチはリセットです。

画面はブルーのバックライトが光るので暗い所でも使えました。

NO.4

0.1g単位のスケールをようやくゲット!

今まではトライイーストの量をだいたいで計りパン作りしていましたが、これでやっと正確に計れるので大満足です。

 

6位

タニタ クッキングスケール 2kg(0.1g/200gまで) KD-192-PK

出典:amazon

重さ2kgまで計れるタニタのキッチンスケールです。

通常のモードでは1g単位での表示になり0-2kgまで計測できます。

微量モード時では0-200gまで0.1g単位 、200-1,000gまで0.5g単位、1,000-2,000gまでは1g単位での表示になります。

微量モード時の最小表示単位は計量皿に載せている重量の合計によって変わります。 (風袋引きした重さも含む)

計量皿部分はボウルなどを載せても滑りにくいシリコンカバーが付いており、これは簡単に取り外して水洗いができます。

脚もシリコンゴム脚になっており滑りやすい場所でも使いやすい作りになっています。

水や牛乳を容量(ミリリットル)で表示するmLモード搭載。

選べる3カラー

スライドすると出てくるフックが付きで壁掛け収納も可能です。

自動電源OFF機能(約6分)

タニタのキッチンスケールの中で最大となる見やすい文字高28mmの大型表示(2017年7月時点)

実勢価格 2260円
最大計量 2kg
最小表示 1g(200gまで0.1g)
電源 単4電池×2本
サイズ 19.6×13×2.7cm
質量 約362g
風袋引き機能 あり
防水加工 なし
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

このスケールに変えてパンを焼くと、いつものレシピのはずなのに美味しく焼けます。

前に使ってたスケールに誤差があったとしか思えません。

それに気づけたのが本当によかったです。買い替えて正解でした。

NO.2

パンを作りでイースト菌を計量するのに、3グラムの次が4グラムになるのが不満でした。

2.5グラムを計量するのも大体で計量していましたが、このタニタがあれば細かくちゃんとはかれるので助かっています。

グラムとミリリットルの変換機能があるとは思わなかったのでこれまた便利です。

それと材料をこぼしちゃっても、上のラバーを外して楽に洗えるのもいいですね。

NO.3

ホームベーカリーでパン作りのために買いました。

計量スプーンも計量カップも使用せず塩や砂糖、牛乳もこれではかっていれることができるので重宝してます。

シリコンのカバーが付いていて、ボールで計量するのも滑らなくて便利です。

このシリコンカバーは簡単に外して洗えちゃいます。

0(ゼロ)にしてどんどん追加計量できるのもGOOD!

デザインもかわいくてパン作りのテンション上がります!

NO.4

コーヒーの豆を7g、9gなどと正確に計量するために買いました。

正確に0.1g単位で計量可能なので、コーヒーの味の出し方が正確になりました。

これの前は、中国製?の1g刻みのはかりを使ってましたが、

誤差が+−2gもあったので、今回は信頼できるタニタを撰びました。

地域による重力誤差の設定もできて、さらに安心です。

 

7位

タニタ 洗えるクッキングスケール 2kg(0.1g/200g) KW-220-WH

出典:amazon

重さ2kgまで計れるタニタのキッチンスケールです。

防水仕様で丸洗いOK

IP65の防水・防塵仕様で丸洗いができちゃいます。

IP65の防水とは「粉塵が内部に入るのを完全に防止」「すべての方向からの噴流水をあびても有害な影響がないもの」となります。

この防水性能は強力粉などの粉が本体の中に入ることも防いでくれるため、パン作りなどにも役立ちます。

0.1g単位ではかれる微量モード

0.1g単位ではかれる微量モードではイーストや調味料などの細かい計量に最適です。

微量モード時は0~200gまで0.1g単位、200~1000gまでは0.5g単位で計量可能。

水や牛乳を(mL)で表示

計量スプーンやカップを使用せずに、水や牛乳の容量を計量できます。

見やすい大型表示

見やすい文字高28mmの大型表示

表示窓サイズ40mm×70mm

取り外して洗える計量皿

計量皿は本体から取り外せるので、掃除をしたあとに水分を拭き取る作業や計量皿だけ洗うのに便利です。

その他にも便利な機能が満載

自動電源OFF機能(約6分)

重力の影響を補正する地域設定機能

シリコーンゴム脚の採用で滑りやすい場所でも使いやすい。

こちらの洗えるクッキングスクールには3kタイプのKW-320もあります。

洗えるクッキングスケールKW-220/KW-320の紹介動画です

実勢価格 3740円
最大計量 2kg
最小表示 1g(200gまで0.1g)
電源 単4電池×2本
サイズ 14.3×21.6×3.9cm
質量 約554g
風袋引き機能 あり
防水加工 IP65
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

汚れても丸洗いできる!これだけで買いです。

キッチンスケールは食品や調味料がこぼれて汚れがちですからね。

しっかりと洗えるのはとても衛生的です。

液晶表示も大きくて見やすく実用的で、電池にエネループが使えたのも良かったです。

NO.2

数字が大きくでるので、とてもわかりやすいです。

本体はとっても軽く、大きさはコンパクトで場所をとりません。

砂糖やバターのようなベタつくものを計ることが多いのですが、掃除が簡単だから、こぼしても全然平気なので気楽でいいです。

小学3年生の娘も扱えるぐらい操作も簡単でした。

NO.3

防水で丸洗いできる秤を探してました。中国製とかで安価なのもありましたが、正確さと耐久性を考えてタニタを選びました。

微量もしっかり計測でき満足してます。

またかなり薄くてコンパクトなので横にしてしまえばスペースも取りません。

NO.4

上の台はくるっと回せば楽に取り外せます。

ジャブジャブと水洗いも出来て表示は見やすく操作は簡単でわかりやすい、とってもいいスケールなのですが、難点をあげると価格がちょっと高かったですね。