介護椅子のおすすめ10選!お風呂用から立ち上がりやすいリクライニングに回転まで幅広く紹介

スポンサードリンク




今回ご紹介するアイテムは介護椅子です。

年齢を重ねたり、足腰を痛めてしまうと、椅子から立ったり座ったりする動作にも不自由してしまいますが、介護椅子は、通常の椅子に比べて立ち座りが楽にできるように設計されているので、日常の立ち座りの負担を軽減してくれます。

また、お風呂などにおいては、介護椅子に座ることによって膝や腰の痛みを軽減したり、体を安定させることで入浴をサポートしてくれます。

そんな介護椅子には、お風呂用やリビング・ダイニング用などのそれぞれのシーンにあったものから、高さ調節タイプ、リクライニングタイプ、回転タイプ、電動タイプなどなど、様々な種類が存在しますので、ここでは、簡単な介護椅子の特徴や選び方をご紹介したあと、おすすめの介護椅子をご紹介します。

現在の状況に不便をなさっている方、今使っている椅子が合わない方、ぜひご参考にしてください。

介護椅子の選び方

高さ調節機能

座りやすい椅子を求める上で、座面の高さというのは非常に重要です。

そのため、ほとんどの介護椅子には高さ調節機能が付いています。

ですので、大抵の方は自分に合った高さに調節すれば済むのですが、

身長の大きい方などの介護に使う場合などは、高さが何センチまで伸びるかまでよくチェックしましょう。

お年寄りには小さい方は多いので、比較的、小さい方には対応できるようにはなっているようです。

肘掛けつき

お風呂用やキャスター付きタイプを除いて、ほとんどの介護椅子には肘掛けがついています。

この肘掛けが手すりになり、立ち座りの動作を楽にしてくれます。

お風呂用

お風呂用の介護椅子を探す場合はお風呂用と表記のあるものを間違いなく選びましょう。

お風呂用の大きな特徴は、

ダイニング用と比べて小さい

お年寄りでも片手で持てるぐらい軽量

水切れがよい

滑り止めが付いている、といったものです。

タイプは大まかに2つに分けることができ、背もたれのあるものとないものです。

背もたれのあるものは、より掛かる事ができて楽ですし安定感があります。

背もたれの無いものは、より掛かれなくなりますが、自分でも他人からも背中を洗うのが楽です。

背もたれのあるものの方が多く売れている傾向にあるようですが、自分の状況にあったものを選びましょう。

リクライニングタイプ

リクライニングタイプは介護椅子の基本である立ち座りしやすい機能にプラスしてリクライニング機能がついています。

リクライニングの角度によって、読書モード、テレビ鑑賞モード、リラックスモードと切り替えられるので非常に便利です。

電動タイプ

電動タイプは、電気の力で座面を体ごと持ち上げて、立ち上がりを楽にしたものです。

電力はコンセントからとるものと、バッテリー式のものがあります。

電動だけあって通常のものに比べてとても割高になっています。

回転タイプ

椅子が回転するので、回転を利用することで、座る時や椅子から降りる時に椅子を引いたり、テーブルと椅子の隙間に体を通さないですみます。

一般に出回っている数は少なく通常のものより割高です。

キャスター付きタイプ

家庭での需要はあまりすくないですが、介護施設などではヘルパーさんが楽に椅子を押すことのできるキャスター付きタイプが使われることもあります。

こちらも一般に出回っている数はとても少ないようです。

 

簡単な選び方の説明は以上となります。

それでは、今人気がありおすすめの介護椅子をタイプ別にご紹介していきます。

ぜひご参考にしてください(^^)/、

 

ダイニングチェアタイプならこちら

激安で人気のダイニングチェアタイプの介護椅子です。

脚と一体化している肘掛け部分が、手すりとなり、ご高齢の方や、足腰を悪くしている方の立ち座り動作をスムーズにします。

膝裏があたる座面の前面が丸くなっているのも座りやすいポイントです。

座面の高さは付属の六角レンチを使うことで3段階の調節が可能。

組み立ても付属の工具を使って約20分で完成します。

アマゾンで購入したい方はこちら

  • サイズ:53cm×55cm×79cm
  • 座面の高さ:33cm/36cm/39cm(3段階調節)
  • 重量:6kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

足腰の良くない母のリビング用に買いました。

肘掛けがあり座るのも立ち上がるのも楽でいいと喜んでいます。

母にあった高さに調節もでき、安定感もあって座りやすいとも言っています。

組み立て式だとは思ってなかったのでちょっと驚きましたが、組み立ては簡単なもので安心しました。

NO.2

膝の悪い父の食事用の椅子として購入しました。

とても座り心地がいいようで、食事を済ましたあとも座ってくつろいでいます。

組み立てには30分ぐらいかかって初めは面倒だと思いましたが、完成してみたらコスパ最高の素晴らしい商品でした。

 

リクライニングつきならこの3つ

山善 組立て要らず 立ち上がり楽々高座椅子 KMZC-55(VS1)

出典:amazon

座面を低めに設計し、膝や腰への負担を減らした、立ち上がりやすい設計の高座椅子です。

肘掛けも立ち上がりやすい高さに設計されており、立ち上がりを補助してくれます。

4段階の調節ができる座面高

座面高は付属のレンチを使えば簡単に4段階(床から27・31・35・39cm)の調節ができます。

3段階リクライニング

テレビを見る時、本を読む時、リラックスをしたい時、などさまざまな場面に合わせて3段階のリクライニング調整ができます。

この背もたれは使わないときなどに全面に倒してコンパクトに収納することも可能です。

  • 実勢価格:9064円
  • 本体サイズ:54×54×68-80cm
  • 座面サイズ:45×40cm
  • 座面高さ:27・31・35・39cm(4段階)
  • 床~肘掛けまでの高さ:49cm
  • 本体重量:8kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

大腿骨頸部骨折した母に購入。

今まで使ってた椅子より立ち上がりに抵抗がなくなり楽になったようで良かったです。

使う人にあった高さに調節でき、気分に合わせてリクライニングもできる理想の介護椅子ですね。

クッションの厚みも程よく座り心地いいそうです。

あと、組み立てが必要なかったので機械オンチの私には助かりました。

NO.2

椅子の高さが変えられて、立ち上がりも楽です。

座り心地も悪くなく、ちょっと高かったけれど満足です。

あと良かったのは、椅子自体はそこまで大きいものでもないので、マッサージチェアみたいに邪魔にもなりません。

 

山善 レバー式 立ち上がり楽々座椅子 WLZ-55(VS1)

出典:amazon

↑ひとつまえで紹介した高座椅子のグレードアップしたモデルです。

立ち上がりやすい設計で、高さ4段階調節可能、というのは変わらずに、グレードアップした点はと言いますと、

リクライニングが3段階から14段階になったこと。

リクライニングが手動からレバー式になり、座ったままで角度の調整ができるようになったこと。

背もたれがハイバックになりより大きくなったこと。

あとは、テレビのリモコンなどを収納できるポケットが備わったことです。

悪い点は、

値段が高くなったこと。

サイズが大きくなり、4kg重くなったことです。

グレードアップモデルの方が売れていますが、旧モデルもまだまだ人気があります。

ご自分の環境にあったものを選びましょう。

  • 実勢価格:11882円
  • 本体サイズ:55×65×89-101cm
  • 背部高さ:58cm
  • 座面サイズ:43×43cm
  • 座面高さ:30・34・38・42cm(4段階)
  • 床~肘掛けまでの高さ:53cm
  • 本体重量:12kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

足腰の悪い80歳の母のために買ってみました。

商品説明通り立ち上がりやすい高座椅子でとても喜んでいましたが、立ち上がる時にレバーでリクライニングを直角にしてから立つと、さらに立ち上がりやすいそうで、毎回立ち上がる際は垂直にしてから立ち上がっています。

NO.2

背もたれが高く座り心地がすごくいいです。

腰を悪くした私だけでなく、主人や子供も気に入ったみたいで暇さえあれば座っています(笑)

NO.3

膝を痛めた母親にプレゼントしましたが、立ち上がりやすいと好評です。

高さ調節機能にリクライニング、そしてウレタンの硬さも、ほぼほぼ満足です。

横の小さなポケットも以外に便利でリモコンが3本入っています。

もう少し安ければ文句なしでしたね。

 

山善(YAMAZEN) レバー式 ポケットコイル高座椅子 PHC-60(LGR)FA

出典:amazon

↑ここまでに2つの山善さんから発売されているリクライニングタイプの高座椅子を紹介しましたが、椅子のデザインが地味だと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、同じく山善さんがオシャレな見た目にも気を使い開発したのがこちらの高座椅子です。

もちろん、デザイン性だけを考えただけではなく、立ち座りもしやすく、さらに座り心地もUPし、機能性も十分な椅子に仕上がっています。

肘掛けが立ち座りをしっかりと補助し、立ち上がる際も座る際も、肘掛けをささえにし膝への負担を軽くします。

座り心地UP!

座面の中材をベッドやソファに使用するポケットコイルにすることで、↑上記2つの座椅子で使われていたウレタンフォームよりも体をしっかり支えることができるようになり座り心地がアップしました。

さらにウレタンフォームよりもへたりにくくなり耐久性もUP!しました。

さらに快適な座り心地

座りやすさは中材を変えたことだけではなく、

63cmある背もたれが頭までしっかりと支えると同時に、S字になった背もたれはカラダのラインにしっかりフィットする設計に仕上がっています。

14段リクライニング

座ったまま操作できるレバーで14段階のリクライニング調節ができます。

4段階の高さ調整

付属の六角レンチを使えば4cmずつ4段階まで高さを変えることができます。

ご自身にピッタリのものを選ぼう!

基本的にはデザインも座り心地もUPしたこちらの高座椅子をおすすめしますが、前に紹介した2つのイスの評価も決して悪くなく、使い物になる一品です。

お値段を安く済ませたい方や、デザインにはこだわらない方は前者を選ぶのもありだと思います。

また、1つ目、2つ目、3つ目とイスの全体の重さが上がっていますので、軽量のものを探している方も先に紹介したものが合うのではないかと思われます。

注意!

記事作成時、楽天市場にはカラー/ライトグリーンはなくカラー/ブルーのみでした。

  • 実勢価格:15335円
  • 本体サイズ:58.5×63×97-109cm
  • 背部高さ:63cm
  • 座面サイズ:48×48cm
  • 座面高さ:35・39・43・47cm(4段階)
  • 本体重量:13.5kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

背中も曲がった後期高齢者の父のために、リクライニングもでき、立ち座りも楽なイスはないかと探して見つけたのがこれです。

使ってみるとすぐに父は気に入ったみたいで、座り心地がいい、立ち上がるのも楽でいいと喜んでくれました。

ひとつ気になったのは組立不要とうたっていましたが、ヒジカケと底板のパーツは組み立てが必要でした。

まあ簡単だったので問題はありませんでしたが参考までに。

NO.2

80歳を過ぎた母に買いました。

何をプレゼントしても微妙な反応の母が珍しく笑顔で喜んでくれました。

座った感触がすごく良かったみたいです。

さらにコイルスプリングのおかげか、長い時間座っていても苦にならないようです。

安定感があってすごく楽だとも言っています。

はじめはもっと安いのにしようかと迷っていたのですが、この椅子を選んで正解だったと思います。

NO.3

椅子にはちょっとうるさい母へ贈ったのですが、座面が凹んでいて前滑りしないと高評価をいただきました。

肘掛けに体重を乗せても安定していて立ち座りも楽とのこと。

母は身長が低いのでちょっと心配でしたが、高さ調整でなんとかなったようです。

あと意外だったのが、力のない母でも動かせるようで、そんなに重い椅子ではないようです。

また何か文句の一つでも言われるかと思っていましたが気に入ってくれてよかったです。

 

コイルバネ高座椅子 紅葉 No.83-805 ヤマソロ

続いて紹介するのは、ひとつ前で紹介した椅子と同じく

14段階のリクライニング機能があり

4段階の座面の高さを調節する機能があり

背もたれは頭までしっかり支える高さがあり

中材にはポケットコイルを使用した贅沢仕様の

お尻にフィットするフカフカな高座椅子です。

機能や形が似ている2つの椅子の違いは何かと言いますと

こちらの方は背もたれをリクライニングできるだけでなく

頭部のリクライニングも可能となっており

より細かい姿勢の調節が可能となっております。

また座面の厚みもこちらのほうがあり

ポケットコイルが多く使われているのではないかと思われます。

といっても

それで座り心地に大きな違いがでるわけではなく

どちらも似た座り心地の良品だと思います。

そしてデザイン。

どちらにするか迷った場合、結局はデザインが決め手になるのではないでしょうか。

お使いになるお部屋の雰囲気や

お使いになる方の好みにあったものを選びましょう。

そして最後にひとつ注意点があり

ひとつ前で紹介したものは「完成品」で組み立てが必要ないタイプですが

こちらは「組立品」なので

ご自身で組み立てる必要があります。

そこまでむずかしい作業ではありませんが購入前には念頭に置いておいてください。

 




 

回転タイプならこちらの2つ

ハビナース ミールターン ML21

出典:amazon

移乗時に便利な座面回転式タイプの介護椅子です。

回転を上手く使うことで、座る時に椅子を引いたり、机といすの間の狭い場所に体を通さなくてすみます。

カラーはオレンジとグリーンの2色。

座面の高さは380mm、400mm、420mmの3つから選ぶことができます。

高さ調節などはできませんので、使う方のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。

どうしても調節が必要な場合は、座布団などを使って調節するのをおすすめします。

  • 実勢価格:29989円
  • 本体サイズ:幅630×奥行545×高さ850(mm)

 

カチャットチェア90

出典:amazon

同じく座面回転タイプの介護椅子なのですが、こちらは360度自由に回り出入りが楽なだけでなく、90度ごとに自動ロックがかかるスグレモノです。

ロックがかかっていると安定感があり、ふらつきなく、立ち座りも安心です。

ロックの解除は手の届く位置にあるレバーをさげるだけですので、介護する側もされる側からも簡単に操作できます。

またレバーは組立時に左右どちらに取り付けるか選べるので、片麻痺の方でもお使いいただけます。

ロック時には音がなるので、ロックがしっかりとかかっていることがわかり安全性も高くなっています。

  • 実勢価格:29840円
  • 本体サイズ:幅56×奥行60×高さ86.5cm
  • 座面高:38cm

 

お風呂用ならこちらの3つ

山善 コンフォートシャワーチェア YS-7003SN

出典:amazon

アマゾンでベストセラーになっている人気のお風呂用介護椅子です。

底部は

・使用する方に合わせて7段階の高さ調節が可能(35.5~50.5cm)

・両サイドには立ち上がる時に役立つ取っ手つき。

・中央には水がたまらないよう排水穴が空いており清潔です。

・表面は凹凸加工が施され滑りづらくなっています。

脚部は

・先端にはゴムキャップがつきお風呂場でも滑りにくくなっています。

背部は

・軽量のアルミフレームが使われているので持ち運びが楽なだけでなく、持ち運びが便利な取っ手がついています。

  • 実勢価格:4290円
  • サイズ:42×46×67.5~82.5cm
  • 使用体重制限:最大100kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

もうすぐ80になる父親が、腰からくる足の痛みで立ったり座ったりが不自由になり、一人でお風呂に入れない状態にまでなったので、慌ててこちらを購入しました。

まず第一にすべらず、体重をしっかり支えてくれることが、足元のおぼつかない父親にはよかったです。

椅子一つあるだけで、腰回りが安定し、一人でシャワーを浴びることも出来るようになりました。

椅子はとても軽いうえに取ってがあるので、足の悪い父親でも自分で持って移動し、上手に使いこなしています。

水切れが良く衛生的で、フィット感もすごくいいです。

NO.2

腰を悪くして浴槽に入れない母が、毎日これに座りシャワーを浴びています。

私が最初に椅子を持った時、すごく軽かったので心もとない感じがしたのですが、まったく滑らず、安定感があり、移動も軽くて楽で、すごく良いと言っています。

座っていると楽なようでシャワー以外の時間もリビングなどに1人で持ち運んで使っています。

NO.3

組み立てが楽ちんでホッとしました。

10分くらいで完成しました。

とても頑丈そうなのですが、軽い!素晴らしいです。

腰と膝を悪くした母の入浴を介護するための購入しましたが、座っている間は膝への負担が少なく、自分でカラダを洗う事ができるようになりました。

背もたれの無いタイプと迷いましたが、背もたれに寄りかかって座れてとっても楽だと言っています。

介護する側からも背もたれがあったほうが安心感があっていいですね。

 

山善(YAMAZEN) シャワースツール YS-7001SN

出典:amazon

背もたれのないお風呂用介護椅子ならこちら!

↑で紹介した山善のお風呂用介護椅子と同シリーズのもので、こちらも大変人気があります。

座部は

・立ち上がる時に役立つ取っ手付き。

・表面は凹凸加工されており滑りにくい。

・水がたまらないための排水穴があり清潔。

座部は

・7段階の高さ調整機能(35.5~50.5cm)

脚部は

・先端にはゴムキャップがつき滑りにくくなっています。

・軽量のアルミフレームが使われており持ち運びも簡単。

  • 実勢価格:3290円
  • サイズ:::42×40×36~51cm
  • 使用体重制限:最大100kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

腰と足を怪我してして入院し、退院後に買いました。

高さ調整可能で、高さは十分ありながら安定感抜群!

脚部には滑り止めもしっかり効いており安心してお風呂に入れます。

ネジ5本の簡単組み立て設計で、ドライバー1本で10分くらいで組み立てられました。

高さ調節も簡単ですよ。

NO.2

膝の手術をした母が、今までお風呂で使っていた風呂いすでは、膝に痛みがあるうえに転倒の不安があるためにこちら購入しました。

自分に合った高さに調整でき膝がとても楽とのこと。

立ち上がる際も、両サイドに取っ手がありこれまた楽とのこと。

転倒の心配もすべりどめのおかげで軽減され、安心して使っています。

NO.3

親のお風呂の介護用に買いました。

使ってみて思ったのは、背もたれがあればもっと安定感があっていいなということ。

ですが、無いおかげで体の向きを簡単に変えられるのと、背中を楽に洗えるという利点がありました。

 

山善 ひじ掛け付き折りたたみシャワーチェア YS-1060

出典:amazon

これまた山善(YAMAZEN)社のイスで、背もたれに加え肘掛けもあるお風呂用の介護椅子です。

シリーズの中では一番新しく人気急上昇中です。

5段階の高さ調整

ボタンを押しスライドすればお好みの高さに変えられます(67.5-77cm)

折りたためる

本体はたたむことができ、さらに自立もするので、片付けや収納が楽です。

滑り止めゴムキャップ

脚先にはゴムのキャップが付いており、滑り止め効果があります。

冷たくない♪

お尻が接触する箇所にはクッションマットが付いているので、座った時のヒンヤリを解消してくれます。

水が溜まりにくい

穴が空いているので通気性がよく衛生的です。

100kgまで支える

しっかりした造りを証明する耐荷重100kg。安心して体重をあずけられます。

  • 実勢価格:8990円
  • サイズ:::50.5×48-56×67.5-77cm
  • 耐荷重:100kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

両膝を手術したので補助のため購入しましたが、問題なくシャワーを浴びれました。

高さ調節も簡単だし、折りたたみも簡単にでき、使い勝手すごくいいです。

他のより割高なため迷いもしましたが、あきらかにこの商品のほうが付加価値が高いです。買って正解!

NO.2

買ってよかったです!

安定した造りで、要介護の父でも安心してこのイスに座り自分でシャワーができるようになりました。

肘掛けもしっかりと安定感があり立ち上がりも不安がないです。

仕様後はすぐに乾きますし、なんといっても折り畳めるので邪魔になりません。

本体は軽いし、座面がブルーなので目もあまり良くない父でも、腰を下ろす場所が見やすく、親切な造りになっています。

これがなくては父はシャワーも浴びれません。本当に重宝しています。

NO.3

人工関節にした親のために購入しました。

ひじかけが手すりになるので、ちょっと立ち上り臀部を洗う時も安心だったと話していました。

うちのお風呂場は狭いのですが、折り畳めるので親以外がお風呂に入るときも、畳んで脇に置いておけるのは良かったです。

 



 

キャスター付きタイプならこちら

キャスターが付いた肘掛け付き介護椅子です。

介護施設などではキャスター付きの介護椅子が介助の手助けとなり活躍しています。

フローリングのお家でも役立ちますが、病院や待合室にも最適です。

 

電動タイプならこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電動チェア(起立補助機能付 アスティ) ニトリ 【配送員設置】 【5年保証】
価格:49900円(税込、送料別) (2019/8/2時点)

楽天で購入

 

椅子から立ち上がる動作がつらい方にオススメの起立補助イス。

電動でゆっくりと立ち上がりをサポートしてくれます。

立ち上がりが楽なだけでなく、無段階調整のリクライニングでお好みの角度に調整可能。

完全に背もたれを倒してお昼寝もできちゃいます。

座面が持ち上がる角度は12度。体が前に倒れてしまわない安心設計です。

10万円前後する電動イスが多い中で、電動タイプとしては破格の商品となっております。

  • サイズ:82×92×104cm
  • 重量:約39㎏

 

スプリングタイプならこちら

エムール 立ち上がりが楽になる 楽座 昇降椅子 ハイタイプ 日本製

出典:amazon

こちらはバネの力を使って立ち上がりを補助してくる椅子です。

バネの力(45kgの反発力)があるので、体重60kgの方なら15kgの力で立ち上がることができます。

つまり、45kgだけ体重が軽くなったことになり、楽に立ち上がることができるんです。

ロータイプ

こういう効果のある椅子は、今まで電動でしかなしえませんでした。

電動タイプの起立補助椅子も素晴らしいですが、やはり高額であったり、場所をとったり、椅子自体が重かったりします。

しかし、このスプリングタイプの起立補助椅子なら、低価格で、軽量で、しかも電動タイプよりもすばやく立ち上がることができるんです。

起立補助椅子を探していて、電動のものが高額だと感じる方はぜひこちらをご検討してみてください。

座面の高いハイタイプと、座面が低いロータイプの2種類があります。

ハイタイプ

  • 実勢価格:39800円
  • 本体サイズ:65×57×94
  • 座面高35~55cm(ハイタイプ)
  • 本体重量:8kg
役立ちそうな口コミ♪

NO.1

年齢とともに足腰が弱くなり、座ったあとの立ち上がりにも一苦労していた母にプレゼントしたのですが、すごく立ち上がりやすいと喜んでくれました。良かったです♪

NO.2

加齢と同時に膝も悪い母は、立ち上がるのも最近では億劫なようで座ったままか寝転んでいるままになっていることが多くなったのですが、この椅子を使ってから自発的に立ち上がるようになり、見るからに元気になりました。

膝や腰の悪い人に絶対オススメです!

NO.3

80歳を超えた父はまだまだ元気ですが、立ち上がりに苦労しているのが傍目からもよくわかり、何か役立つものはないかと思っていたところ、この商品を見つけました。

とても気に入ってくれたようで、今までは背の高い椅子にしか座らなかったのですが、これのおかげで父のリラックスできる場所がひとつ増やすことができました。

 

以上がおすすめの介護椅子になります。

一昔前はお店での購入が一般的だった介護椅子も、現在ではネット通販もあたりまえになりました。

通販なら幅広い選択肢から選ぶことができますし、重い椅子でも自宅まで運んでくれますので大変便利です。ぜひご活用してみてください。