もち麦ごはんのレトルト通販ならこの5つがおすすめ!Amazonがやっぱり安い

スポンサードリンク




今回ご紹介するオススメ商品は、

ダイエットに!便秘に!効果あり!とテレビや健康雑誌でも取り上げられた「もち麦」です。

もち麦商品には大まかに2通りあり、

1つは、電子レンジでチンしてすぐに食べられる、もち麦とご飯がブレンドされた「もち麦ごはん」です。

そして、もう1つは「もち麦単体」で売られているものです。

こちらには2パターンあり、

乾燥したタイプで、お米と一緒に炊いたり、茹でたりする必要があるものと、

すでに茹であがった状態ですぐに食べられるタイプです。

当ページでは、それぞれのオススメ商品をご紹介していますので、どのタイプのもち麦を買うか迷われている方などは、ぜひご参考にしていってください。

 

それでは早速おすすめの商品をご紹介したいところですが、

その前に、より正確にもち麦商品を理解するために簡単な基礎知識をご紹介したいと思います。

といっても、すでに「もち麦」についてアレコレ調べている方には当たり前のようなことばかりですので、そういった方はここをザッと飛ばして足早にオススメ商品をご覧になってもらっても構いません。

いや、でもまだ「もち麦」を知ったばかりでイマイチ知識が曖昧という方は、ぜひ、こちらも合わせてご覧になってみてください。

 

もち麦とは?

もち麦をまったく知らない方でも「もち麦」というぐらいですから、麦なんだろうなと思う人は多いでしょう。

もち麦とは「もち性」の大麦の外皮を取り除いたもののことを言います。

大麦には「もち性」以外にも「うるち性」や「押麦」などがあるのですが、「もち性」の大麦は他の大麦と比べて、

1、モチモチでプチプチとした食感で噛みごたえが良い

2、香り高い味わい

3、水溶性の食物繊維「β-グルカン」を多く含む

といった特徴があります。

大麦は普段の料理にはあまり入っていませんのであまり馴染みがないと思いますが、ビールや麦茶などに使われているので意外と身近にある食材だったりします。

そんな、もち麦は食物繊維が非常にたくさん含まれているので「健康にいい!」とテレビや雑誌などで度々話題になっています。

ダイエット効果もあるので、私のようなダイエッターには通らずにはいられない食材がもち麦だったりします。

 

もち麦の栄養価と言えば

まず1番に注目されているのが繰り返しになりますが食物繊維の多さです。

豊富な食物繊維量のおかげで便秘解消効果が高いのが「もち麦」です。

ですが、食物繊維は便秘解消に良いだけではなく、ダイエットや健康にも大切な栄養素とされています。

 

その他のもち麦の栄養成分

食物繊維にばかり目が行きがちですが、もち麦にはその他にも健康やダイエットに良い成分が沢山ふくまれています。

1、ダイエットをする際に大事な代謝をあげる「タンパク質」

2、同じく代謝を促しダイエットを手助けする「ビタミンB1」

3、アンチエイジング効果のある「ビタミンE」

4、食物繊維と同じく便秘改善効果のある「マグネシウム」

5、貧血の予防になる「鉄分」

6、髪や皮膚の健康を維持する「亜鉛」

麦は世界最古の健康食品と言われている、本当に体に良いものなんです。

 

もち麦ダイエットの効果

1、腸内フローラを整える

腸内環境が良くすることはダイエットにもよく、痩せやすい体質を作るためには大事なことです。

そんな腸活がもち麦を食べることでもできるのですが、そこで鍵になるのが「腸内フローラ」です。

そもそも腸には100兆個もの細菌が住んでいますが、この細菌たちはまとまって腸壁に住んでいます。

これらの、善玉菌、悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌、すべてを含めた腸内細菌のことを腸内フローラといいます。

この腸内フローラのバランスが健康面や便秘に大きく関係してくるのですが、もち麦には腸内フローラのバランスを整えてくれる効果があります。

そしてこの腸内フローラのバランスは肥満にも大きな影響を与えていることが近年になって判ってきています。

2、デブ菌を減らす

腸内に潜んでいる菌、腸内フローラの中には、

通称「デブ菌」と呼ばれる「ファーミキューテス」と

津商「痩せ菌」と呼ばれるバクテロイデーテスがあります。

もち麦にはこの「デブ菌」を減らして、「痩せ菌」を増やす効果があるためダイエットに良いと言われているんです。

 

便秘解消の効果

もち麦の最大の特徴は食物繊維の多さですが、食物繊維といえば便秘の解消です。

特にもち麦には水溶性食物繊維が多く含まれており、水溶性食物繊維は腸内の水分を吸収することで便を適度な硬さにしてくれます。

便秘の方でコロコロとした便が多い方は便に水分が足りてない可能性が高いのですが、水溶性食物繊維はそれを改善してくる効果があるんです。

さらに水溶性食物繊維はコレステロールも一緒に排出してくれるので健康にもとても良いものなんです。

 

血糖値の上昇を抑える

ダイエットにも健康にも嬉しいのがこの血糖値を抑える効果です。

血糖値は食事の摂り方や食事メニューによって上がり方が変わります。

特に白飯や麺、パンなどの炭水化物は血糖値が上がりやすいです。

血糖値が上がるとインスリンが多く分泌されます。

インスリンがたくさん分泌されると摂取した糖が体脂肪になりやすくなります。

ですが、逆に血糖値が上がり過ぎなければインスリンの分泌も減るので糖が体脂肪としてつきにくくなりますが、その効果があるのがもち麦なんです。

腸内環境を整えて痩せ菌を増やすだけでなく、血糖値の上昇も抑える。この2つの相乗効果がダイエッター達に注目される理由なのです。

 

少し長くなりましたが、以上が、もち麦の簡単な基礎知識になります。

便秘で困っている方、ダイエットに挑戦したい方、ぜひ一度もち麦を試してみてください。

 

それでは、ここからはオススメのもち麦商品をご紹介したいと思います。

当サイトがもち麦選びの参考になれば幸いです。

 

レトルトごはんタイプ!

まずご紹介するのは白飯ともち麦がすでに混ざっているレトルトタイプのもち麦ご飯です。

電子レンジで2分温めるだけで手軽にもち麦ご飯が食べられます。

同じレトルトもち麦ご飯でも、メーカーによって製法や生産地が異なるので、味わいや食感が違います。

紹介文や口コミをよく読み自分好みのもち麦ご飯を選びましょう。

はくばく もち麦ごはん 無菌パック150g

出典:amazon

穀物(大麦、小麦、玄米、麦茶、雑穀)を中心とした食品を販売し人気をあつめている「はくばく」から発売されているもち麦ごはんです。

1パック150gのうち、もち麦の割合いは30%。

1パックを食べることで食物繊維を2.8g摂取することができます。

150gの玄米100%ご飯が248kcalなのに対して、こちらのもち麦ごはんは195kcalとヘルシー。

さらに無菌パック使用のため保存料は一切使用されておらず、素材本来の味を感じられます。

役立ちそうな口コミ♪

NO.1

レトルトのご飯って塩素のような特有のニオイがして苦手だったのですが、これはそういった臭いがしないばかりか、もち麦の良い香りがして気に入りました。

さらにカロリーも低い、保存料もなし、安心して食べられます。

NO.2

家族の中でもち麦を食べるのは私だけなので炊飯器で炊くのはちょっと、、と思っていたのですが、美味しいレトルトのもち麦ごはんが見つかって本当に良かったです。

快便のせいもあるのでしょうがウエストもわずかながら細くなりました。

このまま体重が落ちるのも期待しています。

NO.3

出産太りを改善するために買いました。

1パックの量はそんなに多くはないのですが、もちもちプチプチ食感でプラスアルファの満腹感も得られるので続けられそうです。

まだ3日なので大きな体重の減少はありませんが便通がよくなりヤル気がみなぎりました!

 

アイリスオーヤマ 低温製法米のもち麦ごはん

出典:amazon

「1年鮮度が落ちないお米」としても話題になったアイリスオーヤマの業界初の独自技術「低温製法」による低温製法米ともち麦がブレンドされたもち麦ごはんです。

低温製法米とは?

お米というのは15℃以上の高温下では、お米の呼吸が活発になり、酸化が進み味が落ちてしまいます。

そこに目をつけたアイリスはお米の保管を15℃以下の低温工場で行い、さらに精米、包装までも同じ工場で一貫して行えるシステムを構築しました。

特に熱の発生する精米の技術にも力を入れ、通常は精米をする時に摩擦熱が瞬間的に100℃近くまで上がりお米の旨味が大きく落ちてしまうのですが、アイリスでは摩擦熱を60℃まで下げ、熱で旨味が落ちることを抑えることに成功しました。

こうして、すべての工程を低温で行った低温精米と常温精米を第三者委員会が比較したところ、低温製米のほうが、食感や甘みに大きく影響を及ぼす酵素であるα-アミラーゼ活性が20%高まるという結果がでました。

α-アミラーゼ活性が高まり甘みと旨味が強くなったお米、それが低温製法米なんです。

アイリス独自の低温製法米ともちもちでぷちぷちのもち麦のハーモニーをぜひ一度ご堪能あれ!

1パック150gのうち「もち麦」は30%。

食物繊維量はレタス約1個分に相当する2.8g。

カロリーは1パック209kcalです。

Amazonブランド

こちらのアイリスオーヤマのもち麦ごはんはAmazonと提携しAmazonブランドとしても売り出されています。

中身は同じだと思われますので購入する際は安い方を選びましょう。

Amazonブランドバージョンはこちら!

役立ちそうな口コミ♪

NO.1

お米も甘みがあって美味しいなと思いましたが、初めて食べたもち麦がモチモチ感がありすごく美味しかったです。

ダイエットのため我慢して食べるもんだろうと思ってたので嬉しい誤算です。

NO.2

ご飯は少し硬めかな?水っぽい柔らかいご飯のほうが好きな方には向いてないかも?

もち麦の方はプリップリしてて噛みごたえ良かったです。

便通もよくなり食物繊維の力にカンドー!

NO.3

普通におかずと一緒に食べるのもいいですが、レトルトカレーをかけたり、トロロをかけて麦とろにしたりして楽しんでいます。

 

全農 国産米・国産もち麦使用 もち麦ごはん

出典:amazon

全農から発売されている国産米と国産もち麦で作られたもち麦ごはんです。

国産米を使うというのはザラですが、もち麦も国産を使うのはレトルトでは珍しいですので、国産にこだわりたい方にはオススメです。

殺菌処理を施しレトルト化されているので添加物は使われておらず安心して食べられます。

内容量は150g、そのうち30%がもち麦。

カロリーは224kcal。

食物繊維は1パックに3.3g含まれています。

役立ちそうな口コミ♪

NO.1

麦には強い臭いはなく普通に白米だけを食べる感覚でいただけました。

添加物も使ってないせいか保存料特有の臭いもしなくて美味しかったです。

アラサー女子には量もちょうどよかったし、ちょっとズボラな性格のわたしにはレンジで温めるだけで美味しく食べられるのはとても助かります。

NO.2

レンジから取り出してすぐの状態だとモチモチ感がスゴくありますので、冷めないうちに食べるのがミソですね。

もち麦のおかげでしょうか?普通のご飯を茶碗1杯たべるより腹持ちがいい気がします。

トイレは毎日でるようになったし明らかに1回の排出量が増えました。

腸内が掃除されているような感じで気持ちがいいです。

NO.3

もち麦はモチモチとかプチプチとかの食感があると聞いてましたが、これはプチプチ感はあまり感じずモチモチ感が強かったです。

もち麦には色はついているのですが、100%の白飯を食べる感じで食べられました。

 

もち麦単体タイプ!

ここからは、ごはんと一緒にはなっておらず「もち麦のみ」の商品です。

炊いたり茹でたりする必要がある乾燥タイプと、開封してすぐに食べられるタイプがあります。

はくばく もち麦50g(12袋)

出典:amazon

「はくばく」からはチンするタイプの「もち麦ごはん」とこちらの「もち麦」のみのタイプの両方が発売されていますが、どちらも非常に人気があり「はくばく」がブランドとして高い評価を得ているのがわかります。

本品は50gづつ小分けにされており計量器いらずで調理できます。

もち麦ごはんにする場合はお米1合にこのスティック1袋が目安となっており、この割合で調理した場合、お茶碗1杯(約150g)で約2.3gの食物繊維が補えます。

イメージ写真は「もち麦ごはん」ですが、もちろんもち麦だけを茹でてスープやサラダに混ぜて食べることもできます。

Amazonブランド

こちらの商品にはAmazonと提携した、Amazonブランドバージョンもあります。

割安ですが小分けにはなっておらずジッパー付きの大袋ですので注意してください。

Amazonブランドバージョンはこちら!

役立ちそうな口コミ♪

NO.1

ダイエットを初めてからは、もち麦と一緒に炊いた時だけご飯の糖質を気にせずに食べられるので、今ではなくてはならないアイテムです。

快便から始まり徐々にですが体重が落ちてきました。

あとは飽きずに続けるため今はミネストローネのスープに混ぜたり色々試行錯誤しています。

NO.2

過去に健康のために玄米や五穀米にチャレンジしましたが挫折しました。

その理由は不味い!のと炊飯が面倒くさいことでした。

ですがもち麦は上手い!下手したら白飯100%よりも!

しかも50gのスティックで小分けにされていて炊飯が超簡単!

1合のお米にスティック1袋入れて、水をお米1合分で炊くときよりも+100ccプラスして炊くだけです。

自分に合った水の量、もち麦の割合を見つけると本当に美味しいですよ!

NO.3

最近は安く手に入ることもあり、お米2合に3袋の割合いで食べていますがお通じがでるでる!

この割合がすごく気に入っているので大ブームの時みたいに値上がりしない事を願っています。

すごく低カロリーなのに腹持ちもよくってブームになった訳がよくわかります。

 

はくばく かけるだけもち麦

出典:amazon

同じく「はくばく」から発売されているもち麦なのですが、こちらはすでに茹で上がったものがレトルトパックされたものです。

調理の手間なく開封してそのまま、サラダ、スープ、リゾットなどの料理に加えることができます。

ごはんに振りかける、混ぜ合わせるのも、もちろんOK!ですし、そのままポリポリ食べるなんてのもアリです。

炊いたり茹でたりというのが手間に感じる方には大変おすすめの商品です。

役立ちそうな口コミ♪

NO.1

味噌汁やわかめスープ、ミネストローネやクラムチャウダーなどのスープに類に投入して食べるのがお気に入りです。

ヨーグルトにも入れてみましたがイマイチでした。

プレーンじゃなくて甘いヨーグルトの方が逆によかったかな?

NO.2

乾燥したものより割高ですが手間いらずで時短!これだけでその価値あります!

湿気っているようなこともなくちゃんとプチプチで味も美味しいです!さすがはくばく!

NO.3

もち麦生活3ヶ月継続中ですが、茹でる手間から開放されてだいぶ楽になりました。

なんにでも気軽に追加できるのでレシピの幅が増えました。

機能はラーメンに入れたりしてみましたが美味しかったです。

 

LOHAStyle もち麦 国産 (950g)

出典:amazon

天然素材を使った「健康食品」や「糖質制限食」で有名な、LOHAStyle(ロハスタイル)から発売されているもち麦です。

LOHAStyleのもち麦は100%国内産の旬で上質なもち麦を厳選!

さらには精麦にもこだわりがあります。

お米に精米があるように大麦にも精麦という工程があります。

外皮が付いたたままですと食べにくく精麦によって外皮を剥がし食べやすいようにするのですが、この外皮にはたくさんの栄養が詰まっています。

そこで極限まで栄養素を残しながらも食べやすいように精麦をしました。

雑味や臭みはしっかり低減。炊きあがりふっくらもちもち!

老舗の加工業者だからできた美味しくて栄養豊富なもち麦です。

役立ちそうな口コミ♪

NO.1

麦と言うと面倒くさそうなイメージだったのですが、お米と一緒に炊くだけで簡単に食べられました。

食感もプチプチしていて噛みごたえがありおいしかったです。

慣れてくると別の食べ方にも興味が湧き、まとめて茹でで冷凍してサラダや味噌汁、煮物なんかに入れても食べています。

NO.2

以前買ったもち麦よりも粒が大きかったです。

プチプチ感が強めでよく噛むのでダイエットにはいいのではないかと。

色も若干ちがってもち麦にも色々あるんだなと。

炊き方は色々試しましたがワタシ的にお米とは4対1の比率で炊くのがベストです。