どこで売ってる肉たたき?100均、無印、ニトリ、ダイソー、イオン買える場所を調べてみました。

スポンサードリンク




みなさんこんにちは^^

当サイトでは、ネット通販で買えるオススメの肉たたき(ミートハンマーと筋切り器)をこれまでに数多く紹介してきましたが

肉たたきを探している方の中には、実際にお店に足を運んで商品を手に取って確認してから購入したいという方もおられると思います。

そこで今回は、実店舗だと肉たたきはどこで買えるのか?を実際にお店を回って調べてみました。

お店で肉叩きを買いたいと考えている方、お店だとどんな肉叩きが売っているのか知りたい方などは、ぜひ参考にしてみてくださいm(__)m

100均を調べてみた

ダイソー

ダイソーにあったのは、頭部が柄の部分の素材と同じポリプロピレンというプラスチックでできた肉たたきです。

一般的に、肉たたきの頭部はアルミニウムかステンレスですので、これはとても珍しいです。100円だとこうなるのか・・と驚きました^^

プラスチックのため、とても軽く、肉にしっかり力がかかるのか心配になりますが^^; 頭部と持ち手部分をつなぐパイプ部分がステンレスになっているため、本体には多少の重みがあり、ある程度の力はかけられると思います。

頭部には粗い面と

細かい面の2種類の凹凸面あり

お肉によって使い分けができます。

ハンマーとしての全体の重さのバランスは、そこまで悪くありませんが、頭部がプラスチックなのはやはり気になり、100円なので仕方がないかな?と言ったところです。

 

セリア

セリアにあったのは、一般的な肉たたきよりも一回り小さいミニチュアな肉たたきです。

頭部はアルミニウムなので多少の重さはあるのですが、それ以外はすべてプラスチックで軽っ軽で、全体の重みのバランスもおかしいです^^;

頭部には粗い面と

細かい面の2種類の凹凸があります。

ダイソーと同じように、パッと見て違和感を感じるハンマーではありましたが^^; 100円なら納得できますし、肉たたきがどんなものか?お試し用には良いのではないのでしょうか?

ただし、100均のものを使ってミートハンマーというのはこんなもんか?と思ってしまうのは良くないと思います。

やはり、良いものは、ハンマーとしての適度なサイズ、適度な重量バランスがちゃんと計算されており、とても叩きやすいので、より効率よく肉をほぐし、旨味を引き出せます。

といっても、100均のハンマーでも、何も下ごしらえをしないお肉よりは、ずっとよくなると思うので、とにかく安くすませたいという方にはオススメのハンマーです。

 

キャンドゥ

セリアと同じものがありました。

ショップのセリアのオリジナル商品というわけではなかったんですね^^

 

ホームセンターを調べてみた

コメリ

コメリに置いてあったのは調理器具全般を手掛け肉たたきも数多く販売している「パール金属」から発売されている「ENJOY KITCHEN ダイキャスト C-4794」です。

本体は頭部から先端までアルミニウム合金でできており、適度な重みがあります。

柄の部分には塩化ビニール樹脂(プラスチック)が巻かれており、さらにコーティング被膜が施されて滑りにくくなっています。

アルミニウム製の肉たたきはステンレス製に比べてサビやすいですが、ステンレス製のものより安価に製造できるため、巷に出回っている9割ほどのミートハンマーがアルミニウム製で、ごくごく一般的な肉たたきと言ったところです。

頭部は粗い凹凸面と

細かい面になっています。

百均とは違い、肉たたきを数多く販売するメーカーのが置いてあり、無難なアイテムと言ったところです。

店頭販売価格798円

Amazonでみる

ちなみに、コメリの通販サイトには別のメーカーのミートハンマーが1点掲載されていたので、店舗によっては違う商品が置いてるのかもしれません。

 

カインズホーム

カインズに置いてあったのもデザインは違いますが、コメリと同じく「パール金属」社のミートハンマーです。

セリアのミートハンマーのようにサイズが一般的なものより若干小さいのですが、セリアとは違って全体がアルミニウム合金なのである程度重さはあり力は入ります。

柄の部分は塩化ビニール樹脂が巻かれ、さらにコーティング被膜で滑りにくくなっています。

頭部は粗い面と細かい面の2つの凹凸があります。

こちらの商品は、カインズとパール金属のコラボ商品のためか、Amazonなどには出回っていないようです。

店頭販売価格598円

 

ケーヨーデイツー(DCMグループ)

デイツーは全国展開している店舗ではありませんがDCMグループです。

DCMグループというのは、ホーマック、カーマ、ダイキ、サンワ、くろがね、ケーヨーデイツーといったホームセンターが経営統合されたグループです。

「DCMオンライン」というオンラインショップも統合されており、そこにはミートハンマーと筋切り器がそれぞれ何点か掲載されていました。

今回はわたしの家の近所にあるケーヨーデイツーしか見てませんが、DCMグループのホームセンターには肉たたきが置いてある可能性はけっこう高そうです。

そして、今回のケーヨーデイツーですがミートハンマーだけでなく、めずらしく筋切り器もありました。

こちらは筋切り器です。

もうお馴染みの「パール金属」から発売されています。

ハンマーのように叩いてではなく、7本の細い刃を刺してお肉の繊維やスジを切断します。

持ち手は握りやすいグリップタイプで女性でもステンレスの刃に力を込めやすいデザインになっています。

お手入れする時は、4つのパーツに分解して洗えるようになっています。

店頭販売価格1097円

Amazonでみる

 

ミートハンマーは「アルミ鋳物」から発売されているヘッド部から先端までオールアルミニウムのハンマーです。

このページだけ見ると、持ち手に滑り止めの塩化ビニール樹脂が巻かれていないのが不自然に感じるかもしれませんが、オールアルミニウム、オールステンレスといったミートハンマーもごくごく一般的です。

頭部は粗目と細目の2つの凹凸に分かれています。

店頭販売価格1398円

Amazonでみる

 

ショッピングモールを調べてみた

イオン

イオンにあったのは頭部から先端までアルミニウム合金のミートハンマーです。

持ち手の部分は塩化ビニール樹脂が巻かれ滑りにくくなっています。

トップバリュの商品でイオン株式会社から発売されていましたが、カインズのミートハンマーと瓜二つでした^^; 真相は定かではないですが。

また、イオンのミートハンマーはパッケージで包装されているので、直接さわることはできません。重さがわかるぐらいです。

頭部は粗めと細めの2つの凹凸があります。

反面の写真はなかったですm(__)m

 

インテリアショップを調べてみた

無印良品

ありませんでした!

近所の割と大きめで新しい無印良品には取り扱いがなく

公式の通販サイトにも掲載してなかったです。

 

ニトリ

ありませんでした!

自分の中で大本命のニトリだったのですがありませんでした^^

公式通販サイトにも記載がなく、近所のニトリにも置いてませんでした。

店員さんいわく、通販サイトにないものは店舗にもないとのことです。

ただ過去に「ニトリに置いてあった」というブログを見たことがあったので、もしからしたら別の店舗にはあるかもしれません。

もしくは、全店舗が完全に取り扱いを止めたのかもしれません。

 

ドラッグストアを調べてみた

ウエルシア

ありませんでした!

近隣のウエルシアには取り扱いがなく

公式の通販サイトにも掲載がなかったです。

 

マツモトキヨシ

ありませんでした!

近隣のマツモトキヨシには取り扱いがなく

公式の通販サイトにも掲載がなかったです。

 

まとめ

調べてみた店舗は以上になります。

いかがでしたでしょうか?

私自身は数年ぶりに実店舗を見てまわりましたが、置いているお店自体は増えた印象です。

肉たたきが買えるところって結構あるんだなと思われた方も多いと思います。

雑誌などでも肉たたきが紹介されてきて認知度も上がってきているのでしょう。

・・ですが!

様々な肉たたきを使ってきた私からすると、相変わらず実店舗では肉たたきを買う気がまったくしませんでした^^;

その理由は

1、同じような商品ばかり

100均の商品は別物と考えると、その他の店舗に置いてあるミートハンマーは本当にどれもこれも似たり寄ったりです。

といっても仕方のないことで、肉たたきというのはニッチなアイテムでお店の限られたスペースに何種類も置けるようなアイテムではないからです。

そうなると、一番典型的な形で安価なもの、ベターな商品を、1点置くだけということになってしまうのでしょう。

2、筋切り器が少ない

筋切り器はバリエーションが少ないというより、そもそも置いてある店舗が少なかったです。

筋切り器は、ミートハンマーと同じようにお肉の繊維を破壊して焼き上がりのお肉を柔らかくするという効果があるのですが

筋切り器には、お肉に無数の小さな穴を空け調味料を染み込みやすくする効果や、火が通りやすくなる効果もあります。

ですので、そういった効果も期待する方は、肉たたきを選ぶ際、まず「筋切り器」に決め、そこから自分好みの筋切り器をチョイスするのですが、そういった方のニーズには実店舗では答えられないと思いました。

3、ステンレス製が皆無

実店舗に置いてあるミートハンマーはアルミニウム合金のものばかりで頭部がステンレスのもの、またはオールステンレスのミートハンマーを一切見かけませんでした。

全国を回ればどこかにはあるのかもしれませんが^^; これには驚きました。

アルミニウムは安い!という良い面もありますがサビに弱いです。

そして、ステンレスはお値段が少し上がりますが、サビ、変色、変形などに強く長持ちします。

またアルミニウムより重みがありお肉にしっかりと力が伝わります。

重いのは嫌だ、高いのは嫌だ、という方には関係ないことですが、ステンレス製を求める方のニーズにも実店舗では答えられないなと思いました。

4、平形が皆無

これもステンレス製のハンマーが皆無なのと同じように、平形のハンマーもまったく見当たりませんでした。

平形は通常の形のものに比べて、さらにニッチな商品にはなりますが、平形も根強い人気のあるハンマーです。

 

このように、私なら実店舗では買わない理由をたくさん並べてしまいましたが^^;

実店舗は悪いことばかりではありません。

 

1、100円で買いたい人

100均のような安い商品は、さすがのAmazonや楽天でも見たことがありません。

とにかく安いものが欲しいという方には100均はアリだと思います。

 

2、強いこだわりがなければ

100均はさすがに・・と思うけど、特に強いこだわりはないという人は、一般的なデザイン、形のハンマーならお店に行けばその日にすぐ手に入るので、実店舗は役立つはずです。

 

このように、肉たたきが初めてだったりして、特に強いこだわりがなく、どれでも良いのでまず試してみたいという感覚の方はお店で買うのは決して悪くないと思います。

 

ですが、色んな種類の商品の中から自分好みのものを選びたいという方は絶対にネット通販がオススメです。

Amazonや楽天なら気軽に注文できますし、場合によっては翌日か2日後には手元に届きます。

ただ、ネットは逆に種類が多すぎてどれにしようか迷ってしまったりもします^^;

そこで、当サイトではオススメの商品をミートハンマーと筋切り器に分けて紹介してますので、両方のタイプから自分好みのものを選んでみたいという方は、↓こちらのページも参考にしてみてくださいm(__)m

肉たたきと筋切り器のおすすめ6選!ミートハンマーとジャガードの使い方や効果もご紹介

2017年12月19日

 

当サイトがみなさんにとっての最適な肉たたき器選びの参考になれば幸いです。

それでは(^^)/